2008年に購入した中古アルテッツァの日々劣化していくパーツ・不具合を紹介しています。購入前のチェックポイントとしてお役立てください。

中古アルテッツァ購入前に必見!劣化・不具合・修理の記録

整備・修理日記

アルテッツァの傷をタッチアップで修理してみる

投稿日:

先日、リアバンパーをぶつけてしまい、傷が付いてしまいました。
アルテッツァのエアロバンパーに付いた傷

後に気を付けながらバックしてたんですがね、低くて見えてなかった…
キズの原因となった大きな石

そこで今回は、この傷をタッチアップで修復してみます。
アルテッツァ後期(パールホワイト)用のタッチアップ

まずは、タッチアップの色選びから。

アルテッツァのカラー番号は、ボンネットを開けた中心部奥のプレートに記載してあります。
アルテッツァのボンネットを開けた様子

アルテッツァのカラー番号が書いてある場所

僕のアルテッツァは後期型のパールホワイトですが、「062」と記載してありますので、「062」のタッチアップを選びます。

キズのあるところをタッチペンのインクを乗せていきます。

キズが深い場合は、塗る→乾かす→塗るというように何度か繰り返します。
タッチアップで修復中

次に「コンパウンド」を使い、インクのでこぼこを平らにすれば終了です。
キズ消しコンパウンド

キズが深かったので、近くで見ると修復後は残っていますが、まぁいいでしょう!
アルテッツァのバンパーキズをタッチアップで修復した様子

-整備・修理日記

Copyright© 中古アルテッツァ購入前に必見!劣化・不具合・修理の記録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.